空き家数日本一の「世田谷」ブランド崩壊か?

82pt   2020-01-14 15:00
ちまたのアラカルト

※日本経済新聞によれば、全国で最も空き家数が多い市区町村は、東京都世田谷区の約4万9000戸。そして、それに次ぐのが東京都大田区という意外な結果になりました。

世田谷と言えば、成城学園などの高級住宅地もあるブランド住宅地ですが、実はアクセスの悪いエリアも存在します。また、東急世田谷線沿線や祖師谷地区などには、高齢者が多く、古い戸建てや小規模アパートが多いそうです。
古い建物が建替えられずに放置され、空室が目立つようになると、そのエリアに住みたいと思う人が減っていきます。それが、さらに空き家を増やす結果になり、街の魅力を低下させるというスパイラルに陥ってしまうのです。
東京の世田谷でこのような動きが目立っているのは、不動産はブランドよりも利便性が重視されるようになってきていることを示していると思います。


2020年01月12日 12:40 BLOGOS
https://lite.blogos.com/article/429008/
192a5dcb.png c?ro=1&act=rss&output=no&id=8239612&name
   ぶべらアンテナトップページへ
の話題が沢山。